青汁について詳しく解説します!

そもそも青汁とはなに?

そもそも青汁とはなに?

青汁は健康に良いということは知られていますが、そもそも青汁とはどういった飲み物なのでしょうか。 野菜を主原料としているということは知っているものの、具体的にはよく分からないという方も多いはずです。

そこで、青汁の詳細についてご紹介します。 簡単に説明すると、これは緑黄色野菜を搾った汁のことです。 そのため、野菜類に含まれているたくさんの栄養素を摂取していける飲み物だといえるでしょう。

大きく分けると粉末タイプ・錠剤タイプ・冷凍タイプという3種類があり、美容や健康のためにたくさんの方が入れています。

主原料はケール・アシタバ・大麦若葉店・ヨモギ・桑の葉・クマザサ・いぐさ・ゴーヤなどです。

中には、これらの原料が複数組合わさっているものも多く、このほかに美容成分を含んでいる青汁もあります。

もともと、青汁というものが作られた背景には戦後間もない時代に深刻な食糧不足の問題が騒がれたということが関係していました。

野菜が豊富ではなかった時代に、捨てられた大根の葉から作られたのが最初の青汁とされています。

青汁といえばまずいというイメージが強いかと思いますが、これは、昔、CMで「まずい!もう一杯!」といったキャッチコピーが放送されたことも理由のひとつだといえるでしょう。

しかし、近年は飲みやすさにこだわって商品開発が行われているものも多く、ハチミツや果物を加えるなどして小さなこどもでも美味しく飲める青汁が増えてきました。

近年の健康ブームもあってか青汁はますます注目されている健康アイテムなので、野菜不足を実感している方は取り入れてみると良いですね。

今は青汁=マズイという時代ではなくなっています。 それに、様々な商品があることから自分にとって最適なものを見つけやすいというのも大きな魅力でしょう。

主原料や飲みやすさ、味、価格などは商品によって大きく違うのでお気に入りの青汁を探してみてくださいね。スーパーやドラッグストアのほか、通販でも購入可能です。
トップページ|佐賀県医療センター好生館

10代のニキビの悩みを軽減

今でこそ「大人ニキビ」という市民権を得ている二十代以上にも現れるニキビですが、昔はニキビと言えば「青春のシンボル」なんて呼ばれるように、十代特有のものだと考えている人が多かったようです。

確かに成長ホルモンとニキビは深い関わりがあるため、どうしても十代の若者にはニキビが生まれやすくなってしまうのいます。

メイクをしていない十代にとっても、メイクをしている十代にとっても、ニキビというのは悩みのタネです。できるだけその悩みを払拭できるように、一緒にスキンケア方法をみて行きましょう。

まずはニキビを生みやすい環境を作っていないか確認していく事が大切です。

例えば、洗顔フォームは弱酸性のものを利用していませんか?乾燥肌の方は石鹸を利用してお顔を洗っていませんか?ゴシゴシとお顔を洗うのもリスクが高いですし、熱いお湯でお顔を洗うのもお肌にダメージを与えてしまいます。

自分に合わない市販のニキビ薬を利用していませんか?にきびができたときに指で触れたりいじったり、芯を取り出そうとするのも危険です。

お風呂に入ったときにも注意点はあります。シャンプー前に体やお顔を洗っていませんか?上記は全部、にきびを作りやすい環境にしてしまっている行為です。

お顔を洗う際に利用する洗顔剤は、汚れを落としやすいものを選んで下さい。またお顔をすすぐ際には熱すぎるお湯は止めて、ぬるま湯を利用して洗うようにしましょう。洗顔剤は泡をしっかり立ててから、泡でお顔を洗うイメージで実行していきます。

泡はお顔につける前に作ってくださいね。お顔で泡立てるのはNGです。8回から10回程度で泡などをしっかり落とすようにしましょう。あまりにも多くすすいでしまうと、逆にニキビを増加させてしまうことにも繋がります。

シャンプーする際は、体を洗う前に済ませてください。シャンプーをすすいだ際にお顔や体に残ってしまうと、それがニキビのきっかけになってしまいます。洗顔は一番ラストです。

メイクをしている方は、ふき取るメイク落としは避け、出来ればクリームクレンジングで、きちんとメイク汚れを落とすようにして下さい。

これらのことを毎日続けていくことで、徐々にニキビは軽減されていくと思いますが、何より大切なポイントは洗顔剤の選択に気をつけることです。

なぜ弱酸性の洗顔フォームを避けた方がいいかというと、汚れを落とす力に理由があります。弱酸性の洗顔フォームは確かにお肌には優しいかもしれませんが、その分汚れを落としにくく、ニキビを生まれやすくしてしまうことも考えられるのです。

また乾燥肌の人が石鹸を避けた方がいい理由は、乾燥させやすいお肌にしてしまうことです。乾燥肌が進行すると、お肌がダメージを受けやすくなりますし、剥がれてしまった角質などが毛穴を詰まらせ、ニキビと元となってしまうこともあります。

普段からメイクをしている人は毛穴をファンデーションなどで塞いでしまうため、ニキビをひどくしてしまったり、作りやすい環境にしてしまっていることになります。きちんとメイクを落とす力を持ったお肌にあったクレンジング剤を選択して下さい。

ニキビが治らない理由には洗顔剤選びという事が関わっているかもしれません。洗顔剤を変更する事でニキビが少なくなる可能性もありますので、試してみる価値はあると思います。

ニキビ改善のために注意したい食生活のポイントとは

気をつけていてもいつのまにか生まれてしまうニキビですが、食生活を意識する事で今よりも減らすことは可能です。体の内側からニキビケアを行うなど、ニキビと食生活は深い関わりがあります。

忙しさに追われる現代人は、すぐに口にできる食べ物をついつい選択してしまいますが、ニキビを少しでも減らしたいのであれば、気をつけたいいくつかのおポイントをしっかり押さえておきましょう。

まず一つ目は、刺激物を積極的に摂取しないことです。体の代謝が鈍っているからニキビが生まれやすいのであれば、体を内側から温めればいい、そう考えて唐辛子などを過剰に摂取するのはアウトです。香辛料は控えめにし、刺激の強すぎる食事はできるだけ避けてください。

また、甘いものの過剰摂取はお勧めできません。毎日忙しいと体に疲れが溜まり、甘いものが欲しくなることもあると思います。

ですがチョコレートやケーキなどの糖分を摂取しすぎると、細胞の活性化が望めなくなり、雑菌に対してのお肌のガード力も鈍ってしまうのです。となると、ニキビが生まれやすいお肌環境に繋がってしまいます。

また、一見ニキビとは関係なさそうな食べ物にも注意が必要です。それが麺類やパンなどになります。麺類やパンなどには糖分が配合されていますが、これらを分解するために必要な栄養分がビタミンB1やビタミンB2です。

ビタミンB1やビタミンB2はお肌にとって大切な栄養分ですが、糖分を分解するためにたくさん使用してしまった場合、新しく生まれる皮脂へと栄養分がまわせなくなり、皮脂の質がダウンしてしまいます。

ということは、ニキビをひどくさせてしまうことに繋がってしまうのです。麺類やパンは控えめにするのがオススメといえます。

四つ目の気をつけたいことは、インスタント食品やスナック菓子はなるべく我慢しよう、ということです。過酸化糖質化をしてしまうインスタント食品やスナック菓子を口にしてしまうと、生まれてくる皮脂も過酸化糖質化したものが分泌されてしまいます。

ニキビにとっては嬉しいことですが、ニキビ改善を目指したい私たちにとっては大変困ることです。生まれてしまったニキビを改善していくためには、可能な限り避けて通ることをお勧めします。

食品添加物がたくさん入った食材や加工食品も出来れば控えめにしたいところでしょう。

最後、五つ目はこれまでのポイントとは違い、積極的に摂りたい栄養素についてです。ニキビの改善を目指すのであれば、ビタミンAとビタミンBが入った食材をどんどん摂取して下さい。

毛穴の角質はビタミンAが柔らかくしてくれますし、皮脂分泌量のコントロールはビタミンB群が得意です。食事の中に上手に取り入れられたらいいですね。それでも足りない場合は、サプリメントで補ってあげるのもいいでしょう。

ニキビ改善のために我慢できることはできるだけ我慢して、健康なお肌を目指しましょう。